住職の日記

住職の日記

9月の「お寺の掲示板」と住職の感想

2021.09.16

まずは、掲示板のことば。

 

ただ念仏して

 

    弥陀にたすけられまいらすべし

 

         『歎異抄』

 

この言葉は、『歎異抄』第2章に記されていることばです。

『歎異抄』は、親鸞聖人のお弟子さんである唯円という方が著されたとされています。

第2章は、親鸞聖人が茨城にいらした頃のお弟子さん達が、命懸けで京都にいらっしゃって、親鸞聖人に直接「問い」をぶつけるという場面が描かれています。

お弟子さん達は、親鸞聖人が京都に帰ってしまわれてから時が経ってしまったことにより、往生ということが分からなくなってしまい、直接親鸞聖人に会いに来られたのです。

そのお弟子さん達に、親鸞聖人はこのようにこたえます。

「親鸞におきては、ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべしと、よきひとのおおせをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり」

親鸞聖人と離れて20年ほど経ったお弟子さん達に、「私親鸞においては、このように、今は亡き法然上人のお言葉を信ずるほかありません」とおっしゃったのです。

このとき親鸞聖人は、法然上人と離れて50年ほどが経っていました。

にもかかわらず、師である法然上人の言葉を大事に抱え、生きてこられたのです。

皆さんは、この言葉は難しいとお感じですか?

僕もかつては難しいと思い、どういうことなのか分かりたいと思いました。

でも、頭で理解しただけでは、きっと、この関東のお弟子さん達のように、何度も聞き返すのでしょう。

私は、親鸞聖人は心でうなずいたのだと思います。

念仏する人の生き方を目の当たりにして、ご自分もこの人のように生きて往きたいと思われたのではないでしょうか。

その思いを50年忘れることなく抱き続けてきたのでしょう。

 自分の生き方を方向づけるほどの言葉、そんな言葉に出会いたいものです。

« 一覧へ戻る

LINEAJEg

YouTube`l

ʐ^M[

^@Jh@{莛

^@Jh

^@

̗t

ǂ݂ܐȁ@TOMOԂ

^@Jh

ӂcCb^[

Instagram

܂Ă

sJ_[

sJ_[
7月 2022
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
2022年6月27日 2022年6月28日 2022年6月29日 2022年6月30日 2022年7月1日 2022年7月2日 2022年7月3日
2022年7月4日 2022年7月5日 2022年7月6日 2022年7月7日

カテゴリー: イベント11:00 AM: ボイスサイズ

11:00 AM: ボイスサイズ

カテゴリー: イベント2:00 PM: コワーキングスペース「光明寺カフェ」

2:00 PM: コワーキングスペース「光明寺カフェ」
2022年7月8日 2022年7月9日 2022年7月10日
2022年7月11日 2022年7月12日 2022年7月13日 2022年7月14日

カテゴリー: イベント11:00 AM: ボイスサイズ

11:00 AM: ボイスサイズ
2022年7月15日 2022年7月16日 2022年7月17日
2022年7月18日 2022年7月19日 2022年7月20日 2022年7月21日

カテゴリー: イベント11:00 AM: ボイスサイズ

11:00 AM: ボイスサイズ

カテゴリー: イベント2:00 PM: コワーキングスペース「光明寺カフェ」

2:00 PM: コワーキングスペース「光明寺カフェ」
2022年7月22日 2022年7月23日 2022年7月24日
2022年7月25日 2022年7月26日 2022年7月27日 2022年7月28日

カテゴリー: イベント11:00 AM: ボイスサイズ

11:00 AM: ボイスサイズ

カテゴリー: イベント2:00 PM: コワーキングスペース「光明寺カフェ」

2:00 PM: コワーキングスペース「光明寺カフェ」
2022年7月29日 2022年7月30日 2022年7月31日

y[W擪